2007年1月28日 (日)

僕妹感想

ネタバレ注意でございますm(__)m

充実した時間を過ごせる映画になっているなと思いました。

そして、潤君の演技のうまさに圧倒されました☆

ワンカット、ワンカットがビックリするほど長く、そして音楽もあまりないので

その分リアルに映画を感じることが出来ました。そしてそして…

潤君が美しいのなんの(笑)郁を愛おしい目で見つめる頼を、演じる潤君が

綺麗に写っていて、印象的でした。

見る前は、兄妹同士の恋と聞くだけで深く考え、

遣りきれない気持ちになってしまう映画ではないかと思っていましたが、

最後の草原でのラストシーンでまたお互い新たな気持ちが芽生え、あの場所から

始まっていくような気がして、本当素敵でした。

潤君が「自分の感情が動いてから演技をした」と言っていましたが、

ちょっとですが分かる気がしました。

でも、映画を見ている方々のマナーがあまり良くなかったのが心残りでした。

周りがスクリーンの音だけになった時、役の感情の変化がよく伝わると思いました。

原作とはまた違った僕妹という感じがして、素敵な映画でした。

続きを読む "僕妹感想"

| | コメント (2) | トラックバック (0)